2009年09月08日

鳩山代表「温室効果ガス25%削減」を明言

民主党の鳩山代表がまた新たな政策を打ち出しましたね。最近はこの人の歩くところ、話題が引切り無しです・・・。さすが民主代表・・。
鳩山代表が掲げた、そのマニフェストの一部であるこの公約は2020年までに、1990年比の25%の温室効果ガスを削減するというものです。
この鳩山代表の温室効果ガス25%削減の制約については、経済界や産業界からの猛反発があるようで、温室ガス25%削減、というのは実経済においては大変な負荷がかかるようで、経済にとても大きな悪影響を及ぼすそうです。
日本では国際的な取り組みとして、世界の環境問題に対する制約としては今回の民主党代表のは鳩山氏の明言した、温室ガス25%削減のほかにも、京都議定書という国際的な大きな決まりがあります。現在は発展途上国との間で、この決まりごとについては溝が深まっている様子ですが、鳩山代表は、「すべての主要国の参加による意欲的な目標の合意が、我が国の国際社会への約束の前提となる」と世界各国にも呼びかける意向を示し、意欲的にこの温室効果ガス25%削減も含めた環境問題へのとりくみを政治問題のレベルで積極的に取り組んでいく意向をしめしています。
今回の鳩山氏の温室ガス25%削減案もそうですが、環境問題と政治問題は必ずと言っていいほど対を成した問題として反発、などが起きますね。
しかし、京都議定書などでもそうですが、こーと決めた以上はやはり、よほど間違った制約でないかぎりは鳩山代表も次期総裁、日本のリーダーとしてしっjかりと意思を貫いていただいきたいものです。



TOP
posted by 政権太郎 at 18:31| Comment(56) | 政治問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

自民党と民主党の対決が本格化

今回の衆院選を前に、自民党民主党との対決が一層本格化を増してきつつあります。
その中でも目立ったのが憲法についての根本的な考え方の違いや、対日米・アジア外交、また国内の年金問題、消費税の引き上げなどについての論争です。
まずは、構造改革。小泉改革から始まったこちらの構造改革も自民党は評価するにほぼ意見が集まっているようですが、民主党では、評価しない、に大多数の意見が集約されています。
また、消費税引き上げに対しては自民党は半分を多少下回るものの賛成意見が、民主党ではほぼ反対意見のようでこちらも正反対ですね。自衛隊のインド洋・アフガン派遣についても消費税引き上げと同じ割合ですし、憲法9条についても同じ事がいえます。
また、日本外交に関してはおもしろい見解で、自民党ではこのまま継続といえる日米外交重視、一方の民主党ではこれからのアジアを見据えてかアジア圏での外交重視との意見に別れています。
このようにみてもまったく正反対の政治的観点からの自民、民主両党の意見。どちらかといえばこのまま政権維持し、その上から修正をかけていくであろう自民党と、今までのやり方一掃しまったく違った観点から政策を立てていくであろう民主党。
どちらにせよ、私たち国民からしてみたら今回の衆院選、総選挙の大きな意味を理解しますし、またどちらが政権を勝ち取るかで日本の未来が大きく変わるのだなと、期待と不安がいりまじる、今回の衆院選を前に考えてしまいました。



TOP
posted by 政権太郎 at 07:47| Comment(0) | 政治問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

衆院解散から小沢代表代行の思惑

衆院解散が行われ、麻生太郎首相も事実上最悪のシナリオでの衆院解散・総選挙への突入となりそうです。
政府では後日の臨時閣議にて衆院選の日程が決定するそうです。
また、衆院解散の当日に、党両院議員懇談会がおこなわれましたが、自らの地方選、東京都議選での自民敗北に対し頭を下げた麻生首相でした。
また、この衆院解散・総選挙に向け、民主党の小沢氏代表代行も動き始めているようです。
小沢氏は代表時代から自身の「国替え」を掲げてきましたが、この国替えの意向を見送る形となり、結局のところ岩手4区からの出馬を表明しています。小沢氏も以前の献金問題により代表を退いた経緯や、すでに民主党の政権交代への国民の期待が大きいことからも国替えによる小沢氏自身の意向は薄らいだものと思いました。
民主党小沢代表はじめ、今回の選挙は絶対にかたねば・・という勢いが伝わってきますが、はたしてどのような形で一端の終止符が打たれるのか気になるところです。



TOP
posted by 政権太郎 at 15:43| Comment(0) | 政治問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。