2009年07月02日

鳩山由紀夫代表の個人献金問題について

民主党代表鳩山由紀夫氏の「個人献金」問題。
最初にこの報道をニュースで聞いた時には愕然としてしまいました。
これからどのような形であれ、日本を引っ張っていくであろうその代表者であるべき今回は鳩山由紀夫代表であったわけですがその人が、さらに民主党から小沢代表に引き続きまたしても・・・という率直な感じでした。
問題は民主党鳩山由紀夫代表の資金管理団体「友愛政経懇話会」が政治資金収支報告書に虚偽の記載をしていたことが問題になっているそうで、これにより鳩山由紀夫代表の政治資金団体の友愛政経懇話会が約10年間に受け取ったとされる個人献金は推定5億円以上と報じられていますね。
その民主党鳩山由紀夫代表の友政会が受け取ったとされる個人献金はおおよそ6割が著名の個人献金だったそうですが、このことからも以前にこの個人献金問題について記者会見が行われた鳩山由紀夫代表の釈明会見とは矛盾があるように思えます。
その他まだまだこの友愛政経懇話会についての個人献金問題については詳しくふれていきたいと思います。



TOP
posted by 政権太郎 at 20:57| Comment(0) | 政治問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。